「折り紙」を教育と位置づけ、折り紙を自由に折ることができるようにするため、どういう作品を、どのような手順で教えたらよいか、実践を通し研究する会です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月東京サークルの報告
2010年02月18日 (木) | 編集 |
 大変遅れましたが2009年11月の東京サークルの報告です。

 11月15日(日)10時から15時まで神宮前穏田区民会館において東京サークルの例会が20名の参加で行われました。
 実施した内容は次の通りです。

 最初は、堀井洋子さんによる「小学校の図形指導」についてです。
授業で使われた作品の紹介もありました。
   tokyo0911151 tokyo0911152
   tokyo0911153 tokyo0911154
   tokyo0911155 tokyo0911156
   tokyo0911157

ハトメ返しを折り紙を切ってやりました。
引っ繰り返すと三角形が四角形に、四角形が三角形に変身します。
   tokyo0911158 → tokyo0911159
   tokyo09111510 → tokyo09111511
   tokyo09111512 → tokyo09111513
   tokyo09111514 → tokyo09111515

 つぎは、永田紀子さんの指導で「アステカ宮殿~つのこう箱黄金比」を作りました。
折り紙ではありませんが、正十二面体のカレンダーも作りました。
   tokyo09111516 tokyo09111517

 さらに、作者である鈴木恵美子さんの指導で「ツイストローズ」を作りました。
   tokyo09111518

 最後は、足立久美子さんが大学生が折り紙で作った教具を紹介して下さいました。
スポンサーサイト
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。