「折り紙」を教育と位置づけ、折り紙を自由に折ることができるようにするため、どういう作品を、どのような手順で教えたらよいか、実践を通し研究する会です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「折り紙教育を考える会」第3回研究大会前日オプション
2009年06月20日 (土) | 編集 |
 「折り紙教育を考える会」第3回研究大会が6月21日(日)に国立オリンピック青少年センター行われます。
それに先駆けて、20(土)にオプションが行われました。その様子をお伝えいたします。
   折り紙0906201 折り紙0906202
   折り紙0906203 折り紙0906204

 15時に実行委員長の足立さんの挨拶で始まりました。
   折り紙0906205

土井さんから堀井さんの紹介があり、堀井さんによる折り紙講座が行われました。
   折り紙0906206 折り紙0906207

内容は、~平面から立体へ デルタ多面体の発見~です。
平面から立体そしてたたむとまた平面になる。ということで、正四面体、正八面体、正二十面体、立方体の話しから始まりました。
知っておくととても役に立つということで、まずはオイラーの定理。
面の数-辺の数+頂点の数
平面なら1になるが、立体では面が1つ増えるので2になること。
さらに立体を作るのに、奇数の多角形では奇数個ないとできないこと。偶数の多面体は制限がないこと。デカルトの定理。
平面なら外角の和は360度。立体では各頂点の各不足の合計が720度である。
だから、オイラーとデカルトの定理を使えばデルタ多面体の最大は20面体までであることがわかる。立体は、面の数が最低四枚ないとできないので、デルタ多面体は可能な場合は、20,18,16,14,12,10,8,6,4であるが、実際は18面体はできない。
ということで、折り紙の半分を使って、三角形の折り方をやり、色板を作りました。
同様に、正六角形を折り、それから、六面体、正八面体、正十面体、正六角形に変化するのを折りました。さらに始めに作った正三角形から三角すい台を折りました。最後に正六角形から正二十面体を折ることに挑戦しました。かなりみなさん苦戦していました。
   折り紙0906209 折り紙09062010
   折り紙09062011 折り紙09062012
   折り紙09062013 折り紙09062014
   折り紙09062015 折り紙09062016


 夕食後は、と中川さんによる「折り紙の集い」ということで、川崎ローズのつぼみのバラと、立方体から変身するバラのマジックキューブローズを折りました。
かなりみんな苦労して作っていました。
   折り紙09062017 折り紙09062018
   折り紙09062019 折り紙09062020
   折り紙09062021 折り紙09062022
   折り紙09062023 折り紙09062024
 左のキューブから右のバラに変身します。

 みんさんとても楽しそうに折っていました。
いよいよ明日が本番です。
スポンサーサイト
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
第3回「折り紙教育を考える会」大会要項
2009年06月18日 (木) | 編集 |
いつでもどこでも折り紙を 「平面から立体へ」

折り紙は親から子へと日本文化の心を伝えてきました。また、折り紙は科学的にも考えられています。「折り紙」を教育の中でどのように位置づけたらよいのか、ともに考え、実践し、研究を深めてきました。今回は「平面から立体へ」をテーマに、幼児から高齢者まで折り紙を楽しく学べるように、遊びの分野にも広げて交流したいと思っています。みなさんの参加をお待ちしています。

<日時>
2009年6月21日(日) 10:00~15:00 折り紙教育を考える会
※ 受付は、午前はセンター棟310号9時より、午後は107号になります。
<プログラム>
9:00~10:00  オプション 折り紙を折って楽しむ
         生活に彩取りを遊びに広がりを指導に喜びをもたらす小品つくり。
10:00~11:30 全体会 研究実践報告「平面から立体へ」
         各地のサークルでの幼児から高齢者まで様々な取り組みの報告。
11:30~12:00  展示作品紹介
12:00~13:00 昼食 作品鑑賞
13:00~14:45 折り紙サロン テーマに分かれて折り方を極める
        ・ 多角形と角柱
        ・ 多面体からくす玉へ
        ・ 角錐台の箱
        ・ 鶴・ 花
14:45~15:00 閉会の集い
 
<持ち物> 折り紙、はさみ、のり、セロテープ
<参加費等> 当日受付でお支払い下さい。
参加費 2000円   お弁当 700円(希望者)
<オプション> 前日つぎのような企画をいたします。こちらもご参加ください。
2009年6月20日(土) 15:00~21:00
14:30~15:00 受付(センター棟107号)
15:00~17:00 「堀井洋子」による折り紙講座
17:00~19:00 休憩・夕食
19:00~21:00 折り紙の集い

<申し込み>
左にあるお問い合わせのメールでお願い致します。

<会場>
独立行政法人 国立青少年振興機構 国立オリンピック記念青少年総合センター
〒151-0052
 東京都渋谷区代々木神園町3番1号
 電話 03-3469-2525
 FAX 03-3469-2277
■ 小田急線 参宮橋駅下車 徒歩約7分
■ 地下鉄千代田線 代々木公園駅下車
  徒歩約10分[代々木公園方面出口]
■ 京王バス
  新宿駅西口(16番)より
  澁谷駅西口(14番)より
          代々木5丁目下車
■ 新幹線
品川駅乗り換え山手線原宿下車
原宿よりタクシーで10分
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。